exlar's IT note

ITやスマートデバイスを中心とした趣味情報の寄せ集め

Telegrafでサバーリソースを取得してInfluxDBに格納する

このブログ記事は移転しました。5秒後に自動でリダイレクトします。

----------------------

Telegraf は、InfluxDBと相性のよいメトリクスの収集ツールです。

Telegraf is an agent written in Go for collecting metrics from the system it's running on, or from other services, and writing them into InfluxDB

GitHub - influxdata/telegraf: The plugin-driven server agent for collecting & reporting metrics.

これまではZabbixとGrafana、(および、一部InfluxDB)を利用してサーバーリソース等のメトリクス表示をしていました。Zabbix Agent から取得したデータでもきちんとGrafanaにて表示できるので不自由はないのですが、ZabbixのDatabase (MySQL) から長期間・複数の情報を取得しようとすると、RDBMSの特性かどうしてもレスポンスが悪くなってしまっていました。

それならば、サーバーリソース系の情報もInfluxDBに格納してみようではないかと思ったのが動機です。

f:id:exlair:20161024011044p:plain

前提

  • InfluxDB を利用できる環境が整っていること
    環境がない場合、Dockerを利用するのが手軽です。Docker Hub - influxdb official repoxitory
  • Database は create database telegraf として作れているものとします
  • 本記事では Ubuntu 14.04 としています。16.04やRedHat系の場合、rcスクリプトが同じように操作できるかはわかりません(systemdでの操作になるので、できないと思います)

Telegraf エージェントのインストール

curl -LO https://dl.influxdata.com/telegraf/releases/telegraf_1.0.1_amd64.deb
sudo dpkg -i telegraf_1.0.1_amd64.deb 

(Reading database ... 143760 files and directories currently installed.)
Preparing to unpack telegraf_1.0.1_amd64.deb ...
Unpacking telegraf (1.0.1-1) ...
Setting up telegraf (1.0.1-1) ...
 Adding system startup for /etc/init.d/telegraf ...
   /etc/rc0.d/K20telegraf -> ../init.d/telegraf
   /etc/rc1.d/K20telegraf -> ../init.d/telegraf
   /etc/rc6.d/K20telegraf -> ../init.d/telegraf
   /etc/rc2.d/S20telegraf -> ../init.d/telegraf
   /etc/rc3.d/S20telegraf -> ../init.d/telegraf
   /etc/rc4.d/S20telegraf -> ../init.d/telegraf
   /etc/rc5.d/S20telegraf -> ../init.d/telegraf
telegraf process is not running [ FAILED ]
Starting the process telegraf [ OK ]
telegraf process was started [ OK ]

FAILED となっている部分が若干気になりますが、起動はしているようなので問題無さそうです。

ps -ef | grep tele
telegraf  ..中略.. /usr/bin/telegraf -pidfile /var/run/telegraf/telegraf.pid -config /etc/telegraf/telegraf.conf -config-directory /etc/telegraf/telegraf.d

標準の設定(2016/10/23時点)は以下コンフィグ /etc/telegraf/telegraf.conf の状態で起動されました。

[global_tags]
[agent]
  interval = "10s"
  round_interval = true
  metric_batch_size = 1000
  metric_buffer_limit = 10000
  collection_jitter = "0s"
  flush_interval = "10s"
  flush_jitter = "0s"
  precision = ""
  debug = false
  quiet = false
  hostname = ""
  omit_hostname = false
[[outputs.influxdb]]
  urls = ["http://localhost:8086"] # required
  database = "telegraf" # required
  retention_policy = ""
  write_consistency = "any"
  timeout = "5s"
[[inputs.cpu]]
  percpu = true
  totalcpu = true
  fielddrop = ["time_*"]
[[inputs.disk]]
  ignore_fs = ["tmpfs", "devtmpfs"]
[[inputs.diskio]]
[[inputs.kernel]]
[[inputs.mem]]
[[inputs.processes]]
[[inputs.swap]]
[[inputs.system]]

一旦終了しておきます。

sudo /etc/init.d/telegraf stop
--> telegraf process was stopped [ OK ]

コンフィグ例

コンフィグにあたってはいくつかのサイトを参考にしたところ、バージョンによる理由か(?)記載方法が古かったりして情報が錯綜していたので、素直に本家プロジェクトサイトのコンフィグ例を参照するのがよさそうです。

telegraf/CONFIGURATION.md at master · influxdata/telegraf · GitHub

まず今回は、上記標準コンフィグのうち InfluxDB のURLのみ書き換えてそのまま利用しました。

[[outputs.influxdb]]
  urls = ["http://yuor-url:your-port"] # ここ。ローカル起動なら localhost で良いはず
  database = "telegraf" # required

起動テストが可能です。間違っていなければ、現在の値っぽい情報が表示されます。

telegraf -config /etc/telegraf/telegraf.conf -test

Telegraf の起動

RCスクリプトを利用して起動します。

sudo /etc/init.d/telegraf start

sudo /etc/init.d/telegraf status

なお、

sudo telegraf -config telegraf.conf

このようにも起動可能です。
(RCスクリプトのstartではこのように実行されています。もっとたくさんの設定がありますが)

取得されたデータ

f:id:exlair:20161024011111p:plain

cpu,cpu=cpu-total,host=xxxhostxxx
cpu,cpu=cpu0,host=xxxhostxxx
cpu,cpu=cpu1,host=xxxhostxxx
disk,fstype=ext2,host=xxxhostxxx,path=/boot
disk,fstype=ext4,host=xxxhostxxx,path=/
diskio,host=xxxhostxxx,name=dm-0
diskio,host=xxxhostxxx,name=dm-1
diskio,host=xxxhostxxx,name=vda
diskio,host=xxxhostxxx,name=vda1
diskio,host=xxxhostxxx,name=vda2
diskio,host=xxxhostxxx,name=vda5
kernel,host=xxxhostxxx
mem,host=xxxhostxxx
processes,host=xxxhostxxx
swap,host=xxxhostxxx
system,host=xxxhostxxx

host の文字列は置き換えてあります。

例えば、cpu-total からは以下の数値を取得可能です。

 cpu            host
    usage_guest    usage_guest_nice
    usage_idle     usage_iowait      usage_irq
    usage_nice     usage_softirq     usage_steal
    usage_system   usage_user

詳細は telegraf/CPU_README.md at master · influxdata/telegraf · GitHub より。

同様に、
Supported Input Plugins · influxdata/telegraf · GitHub
セクションに記載されているリンクから各種詳細を取得することができるようです。

ここまでくれば、あとは普段の使い方でGrafanaから数値を取得できるはずです。